秋田でファットバイク ホーム »
最近の記事

こんな過酷なレース見たことない  


スケールが違いますねえ

ライダーも超絶テクニック

バイクが壊れないのが不思議なくらい過酷なコース

自分にはこのスピードは出せない、羨ましい
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

YouTubeで話題のスパシャン  

YouTubeの動画をみていて試してみたいと思いつつ価格の高さに保留してました

良く調べると原液を100倍に薄めて使うようで、使用回数で割るとコストパフォーマンスは逆に良いくらい

折角なのでDrケアコレから販売されている鉄粉取り、専用タオル、ガラスのウロコ取り、ボディの油膜取り、スパシャンがセットになったものを購入

専用タオルの”クレイタオル”がスグレモノでボディがツルツルになる

DSC_0159.jpg
仕上がりのボディ表面はツルツル感はなく撥水重視な感じです

DSC_0161.jpg
今まで使っていたビューコートのおかげで鉄粉はほとんどついていませんでした

DSC_0163.jpg
初めて施工したのでコツがわからず仕上がりはいまいち

DSC_0166.jpg
期待通りの撥水です
DSC_0167.jpg
50km/h以上で走ってると風圧でほとんどの水滴が落ちます

DSC_0168.jpg
親の車にも施工
2回目なので自分の車よりも上手くコーティングできた
下地処理が大変で半日かかりました

わかったのがヴィッツなら2Lあれば足りるということ
スパシャンは500mlなので2Lの1/100=20ml
500÷20=25
25回使える、1回400円いかない
1回の施工で3ヶ月もつので3×25=75
75か月つかえる、約6年
初期投資は高いけどトータルではやはり安い

バケツに原液を入れてからホースの水で泡立てて使い、最後必ず余るので
余りを空のペットボトルに保存して、次は100円ショップで買ったスプレーの上の部分をペットボトルに付けて使えるので
実際は30回くらいいけるかも

あとビューコートと決定的に違うのは表面が平らでなくともコーティングできること
最初に施工したあと残りのコーティング液を捨ててしまったのですがコンクリートも超撥水状態にコーティングされてビックリでした

残りのコーティング液をつかえば自転車も楽々施工できそう

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

呼吸法(胸を開く)  

気が付けば6/27ジテ通してから実走してない(汗)

気温も30℃いかなくなり夕方久しぶりの実走

チャリダーで胸を開き気味にすると呼吸が楽になると聞いてピンときた

昔MTBの雑誌にて腕で卵を抱えるように、という記事を信じて知らず知らずのうちに肺を圧迫するような乗り方をしてました

今日、結構きつい坂を胸を開くことを意識して上ったら今までは頂上のあたりまで行くと呼吸が苦しくなってゼエゼエいってたのが
大分楽に上れました

呼吸は2回はいて1回吸う

またスキルがひとつ上がったな(自画自賛)

DSC_0148.jpg
上りきった頂上にて

DSC_0149.jpg
その後は地元の公園にいきました
奥の巨大鳥籠にはセキセイイインコが飼われています

久しぶりの実走、下りは超気持ちいい!


ここからは面白くない話
帰宅途中で車に巻き込まれるところでした
周りをキョロキョロしながらゆっくり走っている不審な”プリウス”
急に減速したので左側を行こうとしたら、左にいきなり急ハンドル!
MTBだったから止まれたもののロードだったら100%巻き込まれてました
運転手のオバハンは全然気づいてない様子
流石にカチンときて説教して泣かしてやろうかと思ったけど
家から遠くないとこだったので我慢した
誰かのブログで”プリウス”には注意しろと書いてあったけど本当にそうでした
”プリウス”のドライバーにはエコ運転より”エゴ運転”の方が多いから

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ハロ現象  

今日の午後1時
DSC_0136.jpg
太陽の周りに虹色の輪っか

始めて見ました

DSC_0135.jpg
ん!

謎の光る物体が?

UFO?

モルダーかスカリーに連絡しないと(笑)

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

まだまだ現役  

元は2010年製なANTHEMですが

フレームとヘッド以外は全てパーツ交換した

DSC_0129.jpg
回数乗ってないのでほぼ新品状態(汗)

DSC_0127.jpg
これからも大切に乗っていきたい

そして自分もずっと現役でいたい

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

アクセスカウンター

フリーエリア

現在の閲覧者数

最新コメント

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲ Pagetop